鞄

学校アイテム

安全性のあるランドセルで楽しい学校生活を送ってもらう

保証も充実している

鞄

万が一の時のために保証がついている

六年間ランドセルを使用するとなるとかなり丁寧に扱わないと綺麗なランドセルの状態を保つことができません。男の子は外に出て遊ぶ子も多いのでそれによりランドセルを傷つけてしまうことがあります。ランドセルを購入するときは保証付きのランドセルにしましょう。

六年間保証があるから安心

メーカーによっては六年ではなく数年で保証期間が終わってしまうこともあるので、小学校のうちはいつでも保証制度を活用したいという方は六年間の保証サービスを実施するメーカーを選びましょう。保証サービスを受ける際には保証書が必要となるので注意してください。

故意に傷つけていないなら無料

わざとランドセルを傷つけているようなら保証サービスは適用されません。また修理をするときにお金がかかってしまうでしょう。しかし男の子が学校へ行く途中で転んでしまったり、間違えて木にひっかけてしまうなどのトラブルには対応してくれます。無料サービスならいつでも保証を受けることができます。

ランドセルをレンタルしてくれる

ランドセルを修理しているときは、自分のランドセルを使用することができなくなります。修理箇所によって完了までの日にちが異なりますが、一日では返ってこないことも多いです。そのときはレンタル用のランドセルを貸出してくれるので便利です。

購入の際に注意した方が良い点ランキング

no.1

ロッカーの形

ランドセルの大きさはメーカーによって様々ですが、きちんと学校のロッカーに入るものを選びましょう。入学前に学校へ訪れることもできるので、そのときにランドセルを入れるためのロッカーを見てサイズを知っておくと良いです。そうすればサイズ違いのランドセルを購入する心配もありません。

no.2

ランドセルカバー

学校から支給されるランドセルカバーはランドセルの外側に取り付けます。ですが、ランドセルの大きさによってはランドセルカバーとのサイズが合わないタイプもあります。横長のランドセルは横幅が大きいことからカバーとサイズが合わない恐れがあるので、学校指定のランドセルカバーが支給される学校なら注意しておきましょう。

no.3

子供の好み

親の好みがあれば子供の好みもあるでしょう。好きなものを買ってあげたい気持ちがある人もいますが、そこは抑えて何万円までのランドセルが購入可能かを決めておくことが大切です。値段設定をした上で子供に伝えてランドセルを選んでもらうようにしてください。

no.4

中古品ランドセル

新品でも中古品でもさほどランドセルの性能は変わりませんが、中には保証制度がないものもあります。通常ランドセルは六年間保証がついていますが、保証制度がないと万が一のときに困ってしまうでしょう。中古品は価格が安いですが、チェックするポイントも多いです。

no.5

汚れや傷に弱い

ランドセルのメーカーには汚れや傷に弱いものがあるので、遊び盛りのやんちゃな子供には耐久性の弱いランドセルを購入しないようにしましょう。これから六年間使うものなので、途中でボロボロになると使えなくなってしまいます。