鞄

学校アイテム

便利なアイテムのランドセルで子供を登校させよう

子供のためにランドセルを!購入前に知識を知っておこう

ランドセル

自分に合う選び方

カラーに迷っているなら子供の意見を聞くのが一番です。子供は正直なのですぐに希望の色を伝えてくれるでしょう。親が勝手に決めるのではなく子供の意見も聞いた上でランドセル購入の判断をしてください。また子供によっては素材にこだわって商品を購入するようにしましょう。

READ MORE
ボーイ

使用される代表的な素材

素材選びをすることは気に入るランドセルを見つけるために重要なことです。素材によって値段が違いますが、触り心地や見た目、耐久性が大きく変動するので、値段とともに素材も見て購入の判断をするようにしてください。

READ MORE
鞄

保証も充実している

ランドセルを使い続けている限りはずっと綺麗な状態を保つことは難しいです。いつかは不具合が発生してしまいますが、女の子よりも男の子の方がランドセルを乱暴にしやすいとされています。ランドセルの保証制度があれば何かあったとき、いつでも対処してもらえます。

READ MORE
子供たち

壊れやすい箇所があるので注意

ランドセルが壊れかかっていることに気付いていない人は要注意です。見た目には普通に見えても実は壊れかけている箇所があるかもしれません。数年以上使っていてメンテナンスをしていないなら、一度はしっかりランドセルの状態を確認しておきましょう。

READ MORE

ランドセルは義務的なものではない

強制的なものではないため、必ずランドセルが必要であるかどうかというとそうではありません。学校から支給されるものではないので自費で購入をする必要があります。ですが、小学校六年間ランドセルを使う上で役立つ場面がたくさんあるのです。

購入するメリットを紹介

バランスよくランドセルを背負えるから成長の妨げにならない

小学生の子供は成長ざかりの時期なので、バランスが良くないリュックサックや片側にしかかけることができないバッグなどで通学をすると骨の歪みが生じて成長の妨げとなることがあります。その点に比べてランドセルは左右のバランスを保ってくれるので、子供の成長に支障をきたさないでしょう。

自分の身を守るためにも良い

正面から転んでしまうと怪我をしてしまいますが、背中から地面に衝突をしてしまうときはランドセルが身代わりになってくれます。またランドセルを背負っていると後ろから倒れても頭を保護してくれるので怪我を最小限に抑えることができるでしょう。

大きなプリントや教材でもランドセルの中に入る

普通のバッグなら入る教材のサイズが決まっていることが多くはみ出してしまうことがあるでしょう。ですが、ランドセルなら収納力が抜群なため、どんな教材やプリントでもほぼランドセルの中に収まることができます。

耐久性が優れているから卒業まで使える

ランドセルは数万円以上する高価なものですが、これから六年間使い続けることになるので妥当な値段でしょう。また耐久性のある素材が使用されているので、乱暴に扱っても簡単に壊れにくい仕様となっています。またお店によってはランドセルのメンテナンスもしてくれます。

色が豊富だから子供が自由に選べる

大人が勝手にランドセルを購入しても男の子や女の子によっては好みが異なるため、せっかく購入したランドセルを使ってくれないという状況も発生するでしょう。一つのメーカーだけでもたくさんの色のバリエーションがあるので、その中から好きな色を決めることができます。

良いランドセルを見つけるためのポイントをランキングで紹介

no.1

軽さ

あまりにも重いと男の子は軽々とランドセルを背負うことができなくなります。また成長の妨げにも繋がる可能性があるので、軽さを重視しているなら実際に背負わせてみるのが良いでしょう。素材によって重さが違うので見比べてみてください。

no.2

フィット感

つまりランドセルの背負いやすさということです。ランドセルと身体をフィットさせるためにランドセルの背中には柔らかいクッションがあります。また肩ベルトの形によっても背負いやすさが変わるので、背中のクッションと肩ベルトの形が良ければ背負やすくなるでしょう。

no.3

デザイン

男の子用のランドセルは黒や紺色系の色が人気とされています。またその中には刺繍入りのランドセルもあるので、その中から男の子にとって一番合うものを選びましょう。親が決めるのではなく、子供にデザインを決めてもらうのが良いです。

no.4

収納機能

ランドセルの中には教材を入れることができますが、A4サイズのものでも楽々収納できるものにしましょう。小さいランドセルよりも収納性のあるランドセルの方が今後の学校生活で活用していくことができるはずです。

no.5

安全性能

通学中に何らかの事故に巻き込まれないためには安全機能があると安心できます。防犯ベルが取り付けられるフックや、ランドセル自体に反射板があるものなど、安全性に優れる機能つきのランドセルにすることも意識しておきましょう。

[PR]

ランドセルを男の子にプレゼントするなら
丈夫で長持ちするデザインを厳選まとめ

利点はたくさんある

男の子たち

小学校に上がったら必ず必要となるもの

保育園から幼稚園などと子供の成長とともに入園する園も変わってくるでしょう。無事に幼稚園を卒業すれば次は小学校へ進学です。小学校は一年生から六年生まで六年間通うこととなります。小学校に上がるとランドセルが必要になるので事前に揃えておきましょう。

なぜランドセルが必要となるのか

ランドセルを背負っていると見ただけで小学生だとすぐに分かります。小学校はほとんど皆が女の子用や男の子用のランドセルを持っていますが、ランドセルは見た目は重そうに見えてもとても軽く、またたくさんの教材を中に入れることができて便利だからです。

安全性を高める役割もある

小学校の頃はやんちゃで遊び盛りの子供も多いでしょう。ランドセルを背負ったまま走ったりする人もいますが、万が一後ろから転倒したとしてもランドセルがクッションの役割を果たしてくれるため、これなら事故防止に繋がります。